2010年の大河ドラマは、三菱財閥の創始者「岩崎弥太郎」の視線を通して描かれた「龍馬伝」でした。主演は長崎出身の福山雅治。「龍馬伝」を楽しめる情報を発信するブログです!

2010年10月16日

薩長同盟裏書(龍馬自筆)を観ました!特別展「皇室の文庫」

 10月17日まで皇居・三の丸尚蔵館で、特別展「皇室の文庫(ふみくら)」が開催されています。
宮内庁が保管してきた古典、絵巻や文書など、初公開のものも多く極めて貴重な名品41件が展示されています。
薩長同盟裏書(龍馬自筆)を観ました!特別展「皇室の文庫」薩長同盟裏書(龍馬自筆)を観ました!特別展「皇室の文庫」









 

 明治維新期の文書3件のうち、龍馬自筆の薩長同盟裏書の原本も展示されているんです! 
そうなんです! 龍馬が慶応2年(1866)1月23日に寺田屋で傷を負ったあとに書いたものです!
 桂小五郎(木戸孝允)が書いた「薩長同盟」6ケ条の裏に朱書き(今も鮮明)で書かれていました!
明治維新期の他の文書2件は五箇条御誓文(原本控)と憲法発布式図です。

薩長同盟裏書(龍馬自筆)を観ました!特別展「皇室の文庫」


















 表に御記入なされ候
 六条は小、西両氏及び
 老兄龍等も御同
 席にて談論せし
 所にて毛も相違
 これなく候 将来と
 いへども決して
 変わり候事なき
 は 神明の知る
 所に御座候

 丙寅
 二月五日  坂本龍
 


 龍馬伝では龍馬(福山雅治さん)が傷を負った左手の痛みに耐えながら、お龍(真木よう子さん)の介助を受けながら筆を持つシーンがありましたね

 書物やネットでは何度も見ていますが、実物を眼の前に龍馬の命を懸けた激情に触れることができました。

 特に文中の「毛」「決して」そして署名の「坂」「龍」に熱い思いが込められているような印象でした。






Posted by 在京長崎応援団塾 at 10:39│Comments(1)
この記事へのコメント
坂本さんご無沙汰しています。
うっかりして「皇室の文庫」見損なった!!
裏書見たかったなあ・・。
Posted by yachigo at 2010年10月21日 15:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。